見る・観る

水族館にいるシャチとかベルーガなど日常の様子や生態の紹介(Vlogとと!⇒行ってみたにもつなげる)

ととナビ

水族館の魚はどうやって水族館に来るのか??

魚たちはどこから? 日本には約100ヶ所以上存在する水族館。水族館には大きな水槽から小さな水槽までたくさんの水槽があり、その中には大きさや種類が様々な海や川の生き物が展示されています。もちろん展示されている生き物たちは、始めから水槽にいる...
ととナビ

若返る?神出鬼没!世にも奇妙なクラゲの話

水族館の水槽で、ほの暗い中にぼんやりと白く浮かび上がるようにふわふわと漂うクラゲの姿は、「神秘的」「幻想的」と形容されることがしばしばあります。現にクラゲは、私たち人よりもはるか昔からこの地球に存在しながら、今もなお新しい発見や多くの謎...
ととナビ

本当に針千本?ハリセンボンの話

日本のみならず世界中の水族館で展示され、とても人気の高い魚の1種、ハリセンボン。 とてもユニークな名前とかわいらしい顔をしていて、水族館では外せない魚です。今回はハリセンボンの基本的な話と、飼育してみて分かる話をしてきます。 ...
ととナビ

未知の世界 深海ってどんなところ?

近年ブームにもなっている深海魚。その深海魚が棲む“深海”ってどんなところなんでしょうか?生身の人間では決して行くことが出来ないところですが、科学の進歩によりその世界が少しずつ明らかになってきました。 今回は“とと”ではありませ...
ととナビ

本当に同じ種類? タテジマキンチャクダイ親子

海の中で暮らす魚たちの中には、カラフルで色鮮やかな種類がたくさんいます。特にサンゴ礁が広がる暖かい海に多く見られます。サンゴ礁で暮らすタテジマキンチャクダイという魚もとてもカラフルできれいな体色をしています。ただこのタテジマキンチャクダイ...
ととナビ

痛くないけど「毒クラゲ」!?毒を持つクラゲとその対処法について解説

季節はもうすぐ夏。夏のレジャーといえばやっぱり海水浴ですよね!早い所だと、沖縄なんかでは3月下旬には海開きのセレモニーが開かれ、ゴールデンウィークになるとビーチは多くの観光客で賑わいます。 そして、そんな海水浴シーズンになると、必ず...
ととナビ

見るのは綺麗 触るのはNG クラゲの話

クラゲといえば、、、UFOのような形をしており、フワフワと海中を漂うイメージがあります。今やどこの水族館に行っても展示しているクラゲ!水族館では見ていると癒される、写真をとるにはもってこいなど人気を集めている生き物です。毒を持っているとい...
ととナビ

イクメンパパの象徴! タツノオトシゴ

魚らしくない体の形に、魚らしくない名前の水族館の定番の魚、タツノオトシゴ。実はわが子が産まれるまで守り抜くイクメンの魚なのです。今回は水族館の人気者であるタツノオトシゴについて紹介します。 タツノオトシゴという名前 ...
ととナビ

南国に住むペンギン ケープペンギンの話

ペンギンは水族館や動物園で見ることができる飛べない鳥として有名ですが、ペンギンのイメージは南極などの氷や雪の上で生活しているイメージがあると思います。 ですが実は世界に18種類生息するペンギンの中で、わずか4種類しか南極で繁殖する種...
ととナビ

水族館のアイドル チンアナゴの話

水族館で人気のある魚といえば、細長い体を巣穴から半分出してゆらゆらと揺らしているチンアナゴですね。ぬいぐるみなどのグッズもたくさんあり、購入されたことのある方もいらっしゃると思います。 今回は愛くるしいチンアナゴの詳しいお話をしてい...
タイトルとURLをコピーしました